fc2ブログ

≪記事紹介≫

繋がりがあるものをトップでまとめて表示します。某、シンフォギア感想サイトのパクリとかいうなッ!><

【シンフォギア感想】
≪一期≫
EPISODE 1
EPISODE 2
EPISODE 3 EPISODE 4 ※三話はかなり省略
EPISODE 5
EPISODE 6
EPISODE 7
EPISODE 8
EPISODE 9
EPISODE 10
EPISODE 11
EPISODE 12
EPISODE 13

一挙放送について

≪シンフォギアライブ≫
2012 (物販)


≪漫画版≫
#1
#2
#3
#4
#5
#6
#7
#8 ※漫画版はここから感想開始
#9
#10
#11
#12
#13
#14
#15


≪シンフォギア公式設定画集≫
コメント

≪ファンブック≫
一期


≪二期(G)≫
EPISODE 1 (謎ポエム)
EPISODE 2 (謎ポエム)
EPISODE 3
EPISODE 4 (謎ポエム)
EPISODE 5
EPISODE 6
EPISODE 7
EPISODE 8
EPISODE 9
EPISODE 10
EPISODE 11
EPISODE 12
EPISODE 13


≪三期(GX)≫

開始前考察

EPISODE 1  (謎ポエム予告)
EPISODE 2  (謎ポエム予告)
EPISODE 3  (謎ポエム予告)
EPISODE 4  (謎ポエム予告)
EPISODE 5  (謎ポエム予告)
EPISODE 6  (謎ポエム予告)
EPISODE 7  (謎ポエム予告)
EPISODE 8  (謎ポエム予告)
EPISODE 9  (謎ポエム予告)
EPISODE 10  (謎ポエム予告)
EPISODE 11  (謎ポエム予告)
EPISODE 12  (謎ポエム予告)
EPISODE 13  (謎ポエム予告)

≪四期(AXZ)≫

ぼろぼろっす


≪伍期(XV)≫
EPISODE 1
EPISODE 2 (予告
EPISODE 3 (予告
EPISODE 4 (予告
EPISODE 5 (予告
EPISODE 6 (予告
EPISODE 7 (予告
EPISODE 8 ①  (予告) ※時間がなくて二つにわけて〼
EPISODE 9 (予告)
EPISODE 10 (予告)
EPISODE 11 (予告)
EPISODE 12 (予告)
EPISODE 13 (予告)


【稲穂スタジオ関係?】
工事中(under constraction)
スポンサーサイト



文系チンピラおそロシア

前略 おはようございます。こんにちは、こんばんは。hinataです。

まずはこれを読んでくれ。
トータルゲームデザイナー・シナリオライター 金子彰史氏インタビュー

>他にも「並行世界に9体存在するマザー」とか、
>シリーズを跨いで登場する「スマッシャー」「インパルス」「ノヴァ」といった、
>3タイプのアークドライブウェポンの秘密とか、
>たくさん残されたままとなっている『ワイルドアームズ』の設定を、
>別タイトルである『ARMED FANTASIA』で補完するという事もありません。

3タイプのアークドライブウェポンってなんだよぉ!!!!!

いま、渡り鳥界隈がざわついています。どうしてWAの新作の目途がないのにこういうもの投下するの!
もう!



カミの智慧はヒトの身にあまる禁断の果実よ……。

ちなみに英語版のインタビューからアークドライブウェポンの綴りは「ark drive weapons」ということがわかっています。
大兵器というわけではなく、どうも方舟の意味のArkのようですね。
さて、ということで3タイプのアークドライブウェポンをまとめてみたいと思います。(ガッツリネタバレを含みます

1,アークスマッシャー(無印、2、4)
言わずと知れた初のアークドライブウェポン。
全体攻撃の相転移兵器(初代)です。全体攻撃なのにMissするのはどういう原理なんだ。(そもそも起動しないのか?)
1ではロディがラストダンジョンのマルドゥークで手に入れます。
また、ロディをオマージュしているようなきらいのある4のラスボスディバインウエポンが最終決戦のロボ形態で使用してきます。また、ここでディバインウエポンは『聖柩は開かれた。 さあ、その深奥に何を見る?』『人であるという原罪より救済しよう』『弔いの鐘よ、果てなく響き、死を伝えよ』という台詞を吐きます。聖柩はアークですし、棺に関連する弔いと言う言葉が出ているのは興味深いですね。
そして忘れてはならないのが2のブラッド帰還イベントで敵のヴィンスフェルト・ラダマンテュスが浮遊要塞ヘイムダルガッツォーに搭載されたこの兵器を使おうとして不発に終わります。どうやら艦載兵装のようです。

ここで共通点をみてみると《使用者/搭載対象は人間ではない》 《全体攻撃》 というところでしょうか。
ハウザーのセリフからもどうにも人の世を滅ぼす為の大量破壊兵器というニュアンスがくみ取れそうです。


2,アークインパルス(2、3、F、4)
アークドライブウェポンでもかなり有名なこの技。現在進められているアームドファンタジアのCFでも集金をアークインパルスと故障されたりファンにもなじみが深いのが見て取れます。
初出の2では未来の守護獣の一部であるガーディアンブレードアガートラームの力によって世界中の人々の想いを束ねてラスボスを討ちました。
3では希望のミーディアムのアルカナとして登場し、防御した(=このアルカナに想いを託した)仲間の数で威力が上がる攻撃となりました。
Fでは隠し味方キャラのエマのオリジナルとして登場しました。こちらの効果は3と同じです。ただしダウンロードという技の設定からか、修得するために戦う必要があるのはリトルグレイという外宇宙の生命体となっています。
4ではアークスマッシャーでも言及したディバインウエポン戦で味方4人のコンビネーションアーツとして登場しました。
初登場時「この胸の確かな想いを・・・」「一気に解き放つんだッ!」「未来に生きる命のためッ!」「振り返ってなんかいられるかッ!」
トドメ時「想いを一つに束ねれば・・・」「そうさ、未来は開かれるッ!」』」争いの螺旋とて断ち切れるッ!「そいつを分からず屋に教えてやるぜッ!」(クルースニクのくだりは略)
という専用ボイスがありました。

ここでF以外の共通点をみてみると、《全員での協力攻撃》 《ガーディアンに由来するなにかが含まれる(4は攻撃に入るユウリィがバスカー出身をにおわされている)》という部分があります。また、2や4のセリフから《未来》をつかみ取るための力ということが示唆されています。Fに関しては仲間の協力ということ以外、上記の特徴があてはまりません。これに意味があるのか、それとも単に(ゲーム的な事情で実装したので整合性を保つために)リトルグレイがアークドライブウェポンの原理を解明してそれを応用しているという裏設定があるのかはまだわかりません。

3,アークノヴァ(F)
最後のアークドライブウェポンはロディのカートリッジ、アークノヴァです。
このカートリッジは無印と同様にマルドゥークで手に入り、効果も無属性全体攻撃、命中が低いとだいたい似通っています。
使用時のセリフは「広域拡散だノヴァ! これなら!」 「この力……未来を照らす太陽となれ」

こちらは現状Fだけの登場のため他との比較で考察するしかありません。
技はスマッシャーと似ていますが、セリフからはインパルスのように未来をイメージさせるものとなっています。
ただしインパルスと異なり単体での行使が可能という違いがあります。


さて、ここまで振り返ってみた3タイプのアークドライブウェポン。
ここからは独自考察となりますが、この3という数字は北欧神話の3女神に由来するのではないかと考えています。
というのも主人公と敵対する魔族の盟主マザー(無印の滅びの聖母や3のベアトリーチェなど)は平行世界に9体存在するといわれています。実はこの9という数字、WAでよくモチーフとなる北欧神話でも世界樹がつなぐ世界の数として登場します。
そして世界樹にあるユミルの泉には(数は無数にいるともいわれますが)有名な女神が3柱います。すなわちウルズ、ヴェルザンディ、スクルドのノルニルです。あぁ女神様……。
彼女らは過去、現在、未来の3つを表すともいわれています。

3タイプのアークドライブウェポンに割り振ろうとすると(滅び?、未来?、未来?)個人的にはうまくハマる組み合わせがありませんでした。
では3女神ではないのか、というと実は過去現在未来の解釈は後世に考えられたもので原典にはないようです。
3柱はすべて「未来」を暗示する存在として運命をつかさどっているわけです。
そしてノルンと類型の神話存在にローマ神話のパルカーがあります。
ここでは3つの役割が時制を無視すると「運命の糸を紡ぐ・運命を割り当てる・運命の糸を絶つ(死)」となります。
……お?なんだかアークシステムと関連がありそうな表現が出てきました。
さらに数あるどこかの【未来】に世界を運ぶと考えるとArkという何もしっくりきます。

ここから妄想を膨らませると
アークスマッシャーは【滅びの未来】
アークインパルスは【みんなで紡いだ未来】
という解釈ができそうです。残ったノヴァは【割り当てられた未来】となりますが、情報がすくないのでここは保留です。
しかしどうにもアークドライブウェポンには、スマッシャータイプの未来とインパルス/ノヴァの未来という二項対立があることが考えられます。
そしてスマッシャー(滅び)が手に入った無印の鏡像であるFでノヴァ(未来の太陽)が手に入るというのも暗示的に感じられます。

以上をまとめた私のふんわりとした解釈は下の通りです。
・アークドライブウェポンの原理は未来を決める事象変移機関である
・3タイプの中、世界の滅びを司るスマッシャーと世界の継続を司るノヴァ/インパルスは対立している
・(妄想)ノヴァは個人(英雄?)で未来をつかみ取ろうとするシステムであり、それを改良/別理論で再構成したものが全体で未来を掴もうとするインパルスであり、そのために人々を繋ぐために精神存在である守護獣の力を利用している


……だいぶ妄想が過ぎましたね。
ですが、ひとまずわかっている情報で考えてみたのが以上の解釈となります。


今日は突然ぶっこまれた【アークドライブウェポン】に関して考察してみました。いかがでしたでしょうか。
金子さんのことですから、きっちり設定は考えてあることでしょう。
ですからこの謎もシリーズが進めばきっと明かされるのでしょう……だから……だから……

頼むからシリーズ続いてくれよぉ!!!!
6th!!!!待ってるからなぁ!!!!


この状況で謎だけ開示されるとは本当にご無体な……。
こころの叫びがでたところで、ではでは今日はこの辺で。


*******************************
金子さんの実績を増やして怪獣に埋もれさせてあげよう!
新作アームドファンタジアのご支援はこちらへ!
公式サイト
クラウドファンディングページ

*******************************

ルビは漢の魂だ

(20220820コード修正)
最近食べておいしかったものは金沢産のスイカです。夏ですね。書いている間にすき焼きを食べたので熊野牛に塗り替えられました。肉こそ力。
おはようございます、こんにちは、こんばんは。hinataです。

さて突然ですが、このたび私、同人本を作ってみようと思い立ちました。ジャンルは小説。
前々から、拙作のWA5系SSをいつかまとめたいなぁと思っていたのです。
(もくひょう)は文庫本ですが、その前に製本自体にも慣れる必要があるのではと思ったのです。まずはどれくらいのこだわりで、どんな本ができるのかを知るために単品で作ってみようかと思い立ちました。
小説本の原稿は、いまは色々なサイトでPDF化ができるのですが各種の設定などに融通が利かないところがあります。
やはり色々こだわるなら自分で作ったほうがいいだろうとプロセッサをいままでのメモ帳からWordに変更することにしました。
そしてそこでひとつ問題が。

このWord、ルビが特殊な処理(フィールド処理)で作製されています。
いままでPixiv([[rb:>]])やハーメルン(《ruby》《rt》《/rt》《/ruby》)ではタグ形式でルビを処理してた(やっていた)のでここにきて数百個、果ては数千個のルビと手作業で格闘する未来が見えました。
いや、一般の振り仮名(ルビ)であれば、既にたくさんの人が効率的なVBAプログラム(MS系アプリに実装されているプログラミング言語)を公開されているのですが、カネコアキフミに毒されたもとい、啓蒙を受けた我々としてはルビなくして作品なしと思うわけです。(主語がでかい)

無いなら作ればいい。
というわけで作りました。Pixiv→Wordのルビ変換マクロ。
Pixiv用ではありますが、検索単語を変えれば他のタグにも対応できるはずです。
あと今回諸先輩方が使っているダイアログによる(一般的な読み仮名の)自動ルビ振りではなく、特殊な読み仮名(トンチキルビ)をするために、.PhoneticGuideを使って処理しています。
.PhoneticGuideは各種のオプションがあるので、文字サイズなど変更できるかと思います。
ただし、選択範囲だけルビを振る処理は理解度が低く、未実装です。(うまくコンパイルできぬ……)
あと、検索範囲をドキュメント全体から文毎に切り分ける処理を(めっちゃ重かったので)あとから実装しました。そのためちょっとゴチlャっているところがあります。
※なにぶん素人プログラマなので、多々粗があるところはお目こぼしください。とりあえず動くもの、くらいのイメージです。

以下、他に困っている人のためのソースコードです。ご参考までに。

'https://kagakucafe.com/2020092311700.html のコードを一部改変
Option Explicit

'文書全体にルビ設定
Public Sub MakeRubiAll()
SetPhoneticRange ActiveDocument.range
End Sub

Private Sub SetPhoneticRange(ByVal range As Word.range)
Dim n As Long
Dim rng As Word.range
Dim s As Word.range
Dim t As Word.range
Dim del As Word.range
Dim ruby As String
Dim i As Long
Dim rc As Long
Dim dFlag As Boolean

'sentencesで小分けに

For Each rng In range.Sentences

'文字単位で処理
i = 0
rc = 0

For Each s In rng.Characters
' Pixivタグか判定
If CheckBla(rng, i) = True Then
If SearchTo(rng, i) > 0 Then
If SearchKet(rng, i) > 0 Then

'対象レンジを保存
Set t = ActiveDocument.range(Start:=s.Start + 5, End:=s.End + SearchTo(rng, i) - 1)

'よみがなをrubyに保存
ruby = Mid(rng.Text, 1 + i + SearchTo(rng, i) + 1, SearchKet(rng, i) - SearchTo(rng, i) - 1)

'不要なタグとルビを削除
Set del = ActiveDocument.range(Start:=s.Start + SearchTo(rng, i), End:=s.End + SearchKet(rng, i) + 1)
del.Text = ""

' ルビをふる
t.PhoneticGuide Text:=ruby

'不要なタグを削除
Set del = ActiveDocument.range(Start:=s.Start, End:=s.End + 4)
del.Text = ""

i = i - 1

End If

End If

End If
i = i + 1
Next

Next

End Sub
Private Function CheckBla(ByVal rng As Word.range, ByVal i As Long) As Boolean
'指定したRangeが[[rb:だったらTrue
Dim ret As Boolean

ret = False
If Mid(rng.Text, 1 + i, 5) = "[[rb:" Then
ret = True
End If

CheckBla = ret
End Function

Private Function SearchTo(ByVal rng As Word.range, ByVal i As Long) As Long
Dim ret As Long
Dim j As Long

ret = 0

'[[rb:の後ろの>をサーチする
For j = 1 To Len(rng.Text) - i - 1
If Mid(rng.Text, 1 + i + j, 1) = ">" Then
ret = j
Exit For
End If
Next

SearchTo = ret
End Function

Private Function SearchKet(ByVal rng As Word.range, ByVal i As Long) As Long
Dim ret As Long
Dim j As Long

ret = 0

'次の]]をサーチする
For j = SearchTo(rng, i) + 1 To Len(rng.Text) - i - 1
If Mid(rng.Text, 1 + i + j, 2) = "]]" Then
ret = j
Exit For
End If
Next

SearchKet = ret
End Function

文中に複数ルビがあると挙動がおかしくなるバグを修正(おそらく文構成が変わるとFor each sの処理がやり直しになる→文字カウントをしているiも一手戻すことで対応)

コード内にも書きましたが、今回のコードは科学カフェ様の下記記事を参考にさせていただきました。
Wordの文章にルビ(ふりがな)を自動で振れるマクロ
改めて感謝いたします。


ということで、ルビのコード紹介(頒布?)でした。
ではでは今日はこの辺で。

字だまりに翳りなく

ローソンの艦これくじを引いたらBIG缶バッジの同じ柄が3つ当たりました。どうすんの……これ……。(知り合いにあげます)
おはようございます、こんにちは、こんばんはhinataです。

さて、拙作のWA5二次小説が一章終了しました。ドンドンドンパフパフ。
WA5-SS一章
ハーメルンのミラー※こちらはPDF化で縦書きでも読めます
もし面白かったらいいねか匿名でもブクマをしていただけると大変はげみになります。(反応が欲しい)


以下、あとがきのような裏話です。


第一章のモチーフはズバリ、エピローグアヴリル(以下、エピリル)とディーンのすれ違いと和解でした。(余談ですが作中にだしたハシバミの花言葉は和解や調和です。)
この辺りはWA5本編ラストでアヴリルの手紙が『氷の心を溶かして~』みたいに示唆されていたところですね。
私はエピリルが過去に戻る場合も、戻らずにアヴリルと共存する場合も、やはり彼女とディーンの関係性というのは重要になってくると考えています。そこで二人はどうしたら仲良くなるのか、というところを意識して話を作りました。
和解を描きたかったので、その前の軋轢があるはずなのですが、本編ではあまり絡みもなく普通に接していたのでどうしようか悩みました。ここではEXファイルの『ディーンはエピリルにアヴリルとは違う感情を持っている』というような説明から膨らませて【彼女の名前を呼べないディーン】【自分の存在に不安をいだくエピリル】という二つのモチーフで話を構成しています。

そして、その二つをつなぐアイテムとして白い花を用意しました。
実はここに関しては、作劇の話になりますが、もともとエピリル独自の名前を用意したい事情が絡んでいました。
本作が文章で書く以上キャラクターの名前を書く回数は多いわけですが、そこでいちいち以前のアヴリルと今のアヴリルを書き分けるのは作者も読者も辛いと判断しました。かといってリリティアとかくのも12000年前の彼女とかぶるわけです。
この三者が微妙に設定が違うのがミソなわけですから、きちんと呼び分ける必要がありました。1-4でエピリルがいうように名前とはそれを定義づけるもの、という考えです。
そこで私の中のチャックさんにエピリルのあだ名を考えてもらったところ、『リリティアだからリリィでいいんじゃない?』とヒトの心がないようなコメントをいただきました。
ので採用しました。(マーシレスクイーン)
そこから逆順でリリィ(白百合)を物語に組み込んだ形です。結果として花言葉の純粋さとかがハマって良かったですね。また他にも色々理由はあるのですが、この影響でバーソロミュー船長はお花屋さんになりました。花屋メイフラワー設立に関しては4章で詳しく説明する予定です。

また、これも作劇の関係になりますが本作ではエピリルの髪をバッサリ切らせていただきました。シリーズの姫様伝統ですね
この意図はアヴリルとの決別や差別化です。別に切らなくても本筋には関係ないのですが、切ることで本編とは違うアヴリルと認識していただけたのではないかと思います。(うまくいっていたらいいな)
この辺りの描写はちょっと機械的に急いでやり過ぎた感じもするので前後のセリフ含めて製本する際は少し修正するかもしれません。

さて、次に一章で突然お出しした新技CLaDのお話です。
これはぶっちゃけケレンミを狙ったものであります。(ぶっちゃけ)
もう少し言うと、本作は小説ではありますがそのイメージはゲームの延長線上にあることを意識しています。(ゲーム化したらこうかなという想定)
ですから、ゲーム後半の展開としてあたらしいバトルの選択肢をだしたいなと思っていたのです。また前述のエピリルの名前や髪にも通じますが、一発で『これは新しい展開の話だな』と思うような要素をいれたかったという気持ちがありました。
そこであまりかけ離れた要素を入れるのも抵抗があると思ったので、ミーディアムの力として登場させました。そのための伏線をまいたのが序章のグレッグのバトルとなります。アヴリルとミーディアムの関係と絡めて実装してみました。(ここもうまくいっているといいな)

実はこのクラッド、元々はhinataの別作品のスキルでした。以前(10年前くらいに)練っていた企画でワイルドアームズの同人ゲームを作るものがありまして、タイトルをワイルドアームズPC(仮)としていました。(※WAのアニメがWATVなので)
そのゲーム内での軸となる設定がPC:Phantom Cladと呼ばれる弱体化した守護獣の力を纏うスキルでした。
お分かりの通り諸般の事情でエターなっているのですが、そこから設定だけを流用した次第です。
元は違いますが2022年の現在ではシンフォギアの視聴もしているので、どちらかというとイメージはそちらからの影響が強いかもしれません。(変身時に衣装やARMがどこに行くのか問題含めて)
CLaDは継戦能力が高い特徴がありますが、その分マテリアライズよりは威力が低いという設定です。また、その持続時間は消費したフォース量に比例し、外見からはミーディアムの輝きの量や(CLaD時に光る)髪などで判定できるというイメージです。(ディノギノスは燃える髪、エクイテスはおそらく剣の色などとなるかと思います)
あんまり趣味にあわないようでしたら、『なんかイイ感じに具現化したガーディアンが戦ってる』くらいに読みかえてみていただければと思います。

そういえば、CLaDの戦闘に関してひとつ思うところがありました。
ディーンにトンチキな戦闘をしてもらいたくて山と言ったらドリルかなとドリルをだしたhinata。オマージュ元はとあるアニメ作品なわけでした。そのため『これは誰も予想しないだろう。グフフ』とタカをくくっていたのですが、執筆中にWA1を再プレイしましてそこでディノギノスの設定に【腕がドリルになる】というものをみつけました。そのときの衝撃といったらまぁ。
25年前に金子のおっさんが通過した道でした。オレは金子(ヤツ)の後塵を拝している……。

さて、長くなってきたのでこのへんで第一章のあとがきを〆たいと思います。
一章ではひとまずメインキャラクターは全て登場したと思うので、このあとどうなるか生暖かく見守っていただければと思います。(強火で見守っていただいても一向にかまわんゾッ!)

次章は起承転結の『承』、序破急の『破』となる予定です。
1章でばらまいた設定のうち、黒衣の女やミーディアム、ヴォルスングのあたりを軸に話が展開されるかと思います。(オリキャラのジョルジュ君とジウスドラ博士もまぁまぁ絡んでくるよ)
ご期待いただけますと幸いです。

ではでは今日はこの辺で。

初手より奥義

最近食べたチョコでは、LoackerのTortina original(ヘーゼルナッツ味)が個人的にヒットでした。
おこんばんは。hinataです。

月一で更新しようと思っているWA5の二次創作小説がなんとか第一章は入れました。
ドンドンドンパフパフ。
Pixivリンク 第一章

冒頭から以前やった2章外典のように読者を煙に巻く展開です。オニメンゴです。
でも此処しかいれるところがなかったんです。申し訳ない。
いまは「フーン( ´_ゝ`)」くらいに思って読み飛ばしていただければ幸いです。
1章の前半は種まきフェーズなのであまりスカッとしませんが、後半ではちゃんとすると思うのでよろしくお願いします。

オリキャラも必要な役割があったので2名ほど出しています。
副総統のジョルジュ君と博士ですね。ジョルジュ君の役割はチャックにやらせる案もあったのですが、チャックはこういうことしない!って場面がたくさんできてしまったので、あえなく没になりました。
もっと嫌なキャラムーブさせたかったんですけど、いまいち心を鬼にできませんでしたね。
まぁお口にあったら幸いです。


さてさて、ひと段落ついたところでついったらんどでみた創作者バトン(先史文明期の表現)が面白そうだったのでこっちでやりたいと思います。ほら、なんか、いいねもらって答えるの、オジサン的にはずかしいし……。

1.創作を始めたきっかけは
何をもって創作というかですけど、お話という意味では中学生の文化祭かなんかでステージの時間が余ってしまったから始めたコント(ネタはシンデレラのコメディ)が最初ですね……と書こうとしてそういや小学校の学級新聞で4コマを強制的に連載させられていたってのを想い出しました。前学級委員がはじめたんだけど、私になってしまったのでなんか引き継いで……。何回かやったんですけど、めんどくさくなったので学級新聞が更新されなくなりましたね。(ダメだこいつ)

2.1番初めに創ったキャラは
創ったキャラとしては前述のコントのシンデレラとかなんでしょうけど、もう少しさかのぼると小学校の時にさきたま古墳群に行ってハニワを作る時間があったんですけど、それでみんな同じ形┏∵┛を作っていたから自分は両手を上げる┗∵┛ハニワ作ったりしていたのが創作の始まりなのかもしれません。
あとはあれです、ツクール(当時はDanteⅡ)で使う勇者とかのキャラを……ノートに……こう……ね?この話はやめよう。

3.キャラを作るときのこだわり(キャラデザ)
特にありません。キャラデザできないので。しいて言えば物語の中で被らない姿にしよう、くらいでしょうか。

4.キャラを作るときのこだわり(性格・設定)
このへん、まだ手探りです。ただし、ラスボス以外はスーパーマン(メアリー・スー)にならないように気を付けています。
ちなみにメアリースーテストをやってみたら、先のジョルジュは6点、博士は12点でした。(ディーンをやったら16点でした。さすが主人公)
生きる目的は基本的に設定しており、嫌いなものはまだうまく作れない感じです。(あった方がキャラが生きると思います)
設定はお話の流れに必要な部分を設定することにしています。裏設定や3次創作妄想はありますが、なるべく表に出ないように気を付けます。

5.影響を受けた作品は
ワイルドアームズシリーズ!これは絶対にゼッタイです。
あとは奈須きのこ作品やエヴァ、最近だとHelck、ブラッドボーンも入っているかもしれません。
そうだ、忘れちゃいけないOVAジャイアントロボも影響をガンガンに受けています。いいよね、ロボより強い生身。

6.創作の子につい入れがちな設定・特徴
やたらほほ笑むのは同人界隈の呪いよな。設定でも特徴でもないけど。

7.創作を世に出すとしたら?
自作だと小説になるかと思います。絵が書けないので。
見てみたい媒体としては映画かアニメとかですね。ゲーム化もいいけど、結局自分が作りたいのって遊び(ゲーム)の部分じゃなくて、お話なんだなぁと大学時代に感じました。

8.キャラってどう生み出してる?(キャラデザ)
よくわかりません。とりあえず、たたき台になる既存キャラや原作キャラの色反転、または俳優さんからイメージを持ってきます。

9.キャラってどう生み出してる?(設定・特徴)
設定は物語のテーマに合うようにテーゼアンチテーゼが行動原理になるといいなと考えています。
テーマに合わないキャラは必然出番が少なくなります。合掌。チャック、涙をふけよ。

10.自分のキャラのグッズを出すとしたら?
二次創作なのでグッズは出なくていいですね……。
あ、後半でゴーレムでるので、フィギュア化はして欲しいかも!

11.「我ながらよくこんな設定orキャラデザ思いついたな!」って子はいる?
WA5二次のほうはノーコメント。

コント台本ではあまりにも喋れない演者がいたので、赤ちゃん役にしてばぶーしか言わなくしたことはあります。
あれは褒めていい采配でした。

12.キャラを動かす、しゃべらせるときに気を付けていることは
シナリオのためのセリフにならないように気を遣うので会話が本当に難しいです。苦行です。
キャラはそのキャラの芯をもって喋って欲しいですね。※除くギャグパート
ペラペラ言葉がでてくるひとはすごいですね……。

13.キャラの名前ってどうやって決めてる?
主要人物は、そのキャラのテーマに合わせていろんなところから言語を変えたりしてとってきています。
適当なモブキャラは適当な名前です。口を滑らすキャラの名前はクッチ・スーベルです。

14.好き嫌いは別として、書きやすい子は
ゼット。何しゃべらせてもいいから、おもしろいよね。

15.好き嫌いは別として、書きにくい子は
ゼット。何しゃべらせたらおもしろくなるのかわからないよね。

16.自分のキャラって何て呼んでる
創作オリジナルキャラorオリキャラ

17.創作の男女比ってどんな感じ?気にしてる?
気にはするので、偏っていて性別変えてもいい場合は調整します。
テッド君は男性固定だし、トーマスさんは女性だとおかしくなりそうなので男性固定になりました。
トニーは女性でも良かったかもしれないけど、まぁわかりやすさ重視で男性。
ジョルジュも博士もわけあって男性。
オリキャラみんな男やんけ。ダイバーシティが低い!

18.一日どれくら創作のこと考えてる
だいたい25時間。

19.創作やってて良かったと思う瞬間
感想もらえたとき。特に何かの点で面白いって感情を持ってもらえた時。
子供の頃、エンターテイナーになりたかったんです。

20.創作子への愛をどうぞ
創作子ってオリキャラってことだよね?
「程よく葛藤して、時期が来れば物語の糧になってください。(ほほ笑み)」
あとは幸せになってください。主観でいいから。できる範囲で、構わないから。関白宣言。


以上、おしまい。
なんか完全オリジナル創作のひと向けだからチグハグなところもあるけど、自分を見直せて面白かった。
ではでは今日はこの辺で。
プロフィール

hinata

Author:hinata
ワイルドアームズシリーズとロボットアニメが好きな生き物。
Wolf RPG エディター(ウディタ)でゲーム制作や、GIMPでお絵かきとかをたまにやってます。あとUTAU。ゲームとお酒と音楽をこよなく愛しています。
e-mail: hinatanimato♪yahoo.co.jp (お手数ですが、♪を@に変えてください。)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


うちのブログのバナーです。故あって作りました。 いくさば
URL:https://blog-imgs-62.fc2.com/h/i/n/hinatanimato/hinatanimato-banner.png

リンクはブログトップ( http://hinatanimato.blog50.fc2.com/ )にお願いたします。ご報告はいりませんが、ご連絡いただけるとありがたいです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR